知られざる招き猫の歴史

 猫好きの方や商売をやっている方であれば、招き猫は身近に感じるものなのかもしれません。招き猫の歴史というのは意外と知られておらず、はっきりしたこともわかっていません。それでも招き猫のルーツは江戸時代にさかのぼり、東京浅草が発祥とも言われています。
 当時招き猫にはさまざまな説があったようです。猫によって救われたり、猫のおかげで幸運が舞い込んだ、手招きする猫を追いかけて建物に入ったら急に外が嵐になり間一髪助けられたなどさまざまです。
 このように、招き猫とは偶然にも猫によって幸運を得られたり、体験したことが始まりなのかもしれません。誰もが知っているように招き猫には特徴があります。右足を上げている猫は金運、左足を上げているのは人をたくさん招くという意味合いがあります。商売をされる方は、両方持っている方が多いかもしれません。また、招き猫の耳が肉厚なことが由来で福耳という言葉も生まれました。福耳の人は将来お金持ちになるという話を昔はよく聞きました。
 このように、意外と知られていない招き猫ですが知ると益々興味が出てくるかもしれません。

招き猫のお話はどこから

愛らしくて憎らしい猫ですが、そな可愛さはコアな人を引くつける存在ですね。犬と猫と別れる人そうでない人、どちらにしても動物を愛する気持ちは一緒です。猫はもともとネズミを狩るために扱われていました。そんな猫を飼い始めたのは平安時代の貴族たちから始まっているようです。有名な話ではエジプトで猫を飼っていたと聞きます。そして鎌倉時代には忌み嫌われる存在となった猫ですが、その一方で招き猫として扱われることとなります。招き猫の歴史は中国かもしれないとのことですが、有力なのは豪徳寺の招き猫のようです。招き猫の可愛らしさから人気が出て海外にも伝わったんではないかと思われます。豪徳寺でのお話は貧乏寺だった門前に猫が現れて和尚が飼い始め、そして門前で手招きするような姿を見たので立ち寄った武士こそが井伊直孝でした。すると大雨が降ってきたのでこれを喜んだ井伊直孝はお寺を救ったとされているのが豪徳寺での招き猫のお話です。

招き猫の歴史と意味について

  私は日本のお寿司屋、日本でも、海外でも、どこにいてもよく招き猫もあります。なぜ招き猫は招き猫と呼ばれますか。招き猫とは前足で人を招く形をした猫の置物ということです。右手を挙げている猫は金運を招き、左手を挙げている猫はお客さんを招くとされます。
  招きの色にも意味を持っています。例えば、黒い猫は、魔除け厄除けの意味を持ち、赤い猫は病除けという意味を持ちます。招き猫の由来もたくさんの説があります。例えば、自性院説という説はその一つです。
  江古田・沼袋の戦いで、道に迷った太田道灌は猫に招かれ自性院にたどり着き、命拾いをしました。そしてこの猫の地蔵尊を奉納したことから始まったと言
う説です。もうひとつは、江戸時代に、死んだ人の冥福を祈る
ために猫の地蔵を自性院に奉納したと言う説もあります。島根の招き猫工房
  現在、招き猫は日本の一つの大切な文化として、世界中に招き猫の印象が広まっています。特に、レストランやお寿司屋さんなどに置かれています。
  。